BAR『suicide』

シェアする

───うら寂れた場末の路地に、その店はあった。

飲み屋街から外れたその小路は静かに暗く、簡素な看板とそれを照らす弱いライトだけが浮かんでいた。

『BAR 自殺』などという物騒な看板の割に、古ぼけたランプはぼんやりと優しげに光っている。しかしそう感じるのは私がこの店を目当てに来るようなたぐいの人間だからであって、そうでない大多数の人間からすれば、「気味が悪い」ということになるのかもしれない。

飾り気のない取っ手を掴み、木目調の重いドアを開く。中は適度な湿気で満たされていて、外が案外乾燥していたことを知る。天井から吊るされた最低限の照明が水彩画のように滲んで、じんわりと暗闇が漂っている。黒い霧雨のようだ、と思った。

身の程を知るように小さな店内には、左の奥に4人掛けのやけに大きい木のテーブルが1つ、その手前に丸テーブルを挟んで向かい合う1人掛けソファ、右側のカウンターは5席。それ以外は暗くてよくは見えない。「いらっしゃいませ」と、マスターのささやかな歓迎に促されカウンターを見る。

一番奥に中年らしい男がひとり。俯いて黙って酒を見つめている。反対側の端を今夜の私の居場所にする。椅子にかけるとマスターがメニューを手渡す。余計な口はきかない、彼もきっと話すのはあまり好きではないのだろう。しかし、客の話を黙って聞ける男でもある。さて、今夜はどうやって死のうか……。

この店のメニューは正しく店名と統一されている。

・首吊り

・轢死

・凍死

・焼死 ……

私はお気に入りの「凍死」を頼む。別に寒いのが好きなわけではない。この店の趣向を殺すのを承知で言えば、これは「凍死」という名の”雪国”だ。ウォッカと砂糖とライムのあれ。ただ、ここの”雪国”はなぜか青い。スノースタイルの白とカクテルの青が、氷の上に降り積もった雪のように見える。

甘くて強いアルコールはすぐに外の世界を忘れさせてくれる。ゆっくりと口に含めば、その冷たさが現実になる。

少し飲んでアルコールを身体に馴染ませてから、「凍死」を見つめる。

氷の底に沈んだあえて真っ赤なチェリーに自分を重ねる。

今、自分は死ぬ。

この暗く冷たい世界の中で、体温が低下し、酸素が不足し、朦朧とする意識の中で、その生を終える。体中の感覚を失い、指先1つ動かず、頭のなかでは走馬灯が駆け巡り、ひとりぼっちで、その生を終える。もう後戻りはできない。

私は最期に、何を想う──。

頭は生と死の狭間をさまよいながら、背中で扉が開くのを感じる。誰かが黙って椅子を引き、席に着く音がする。足音はひとりだが、テーブル席だろうか。大きすぎるテーブルは相席になった際の緊張を緩和するためだろう。まさか、集団自殺のためでもあるまい。

自暴自棄と、現実逃避と、予行演習。死の疑似体験と、カタルシス。はたまた酒の味か、マスターの無口か。なにかを求めて、ぎりぎりの誰かが、夜毎闇に紛れてやってくる。

あなたも何か、頼んでみますか?


こんなお店あったらいいなぁと思って書きました(笑)むしゃくしゃしてストレス発散です。むしゃくしゃというか、もやもやというか、書いて吐き出したいときってありませんか?

ひとりっきりで、死にたいけど死ねないなんて悶々としてるのは中々辛いものです。でもその気持を肯定しながら、苦しいまま飲める、余計な干渉もしてこないけども、話したければ聞いてくれる、そんな飲み屋さんがあったら絶対行くだろうなぁと思います。

長く書くのも疲れるので、1000文字でショートショート風にしました。BARの名前は自殺か、英語でsuicideか、「安楽死」も悪くないなぁ…なんて。

※画像はツイッターで知り合ったフォロワー様から許可をいただいておかりしました。素敵な画像に感謝いたします!

最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

コメント

  1. めっちゃいいです!面白い!
    続きを読みたいです〜!
    すごいなぁ〜

    • はじめ より:

      hiroさんにそんな風に褒めていただけるとすごく嬉しいです!
      ありがとうございますm(_ _)m m(_ _)m

  2. コンラッド より:

    これは凄い掌編だと思います!繰り返し読み返しました!
    私も『suicide』で、瞬間の死や長時間の死などを味わって
    酔いたい(*にたい)と、たゆたうように模索に辛辣な肯定ように
    恐ろしいけれど、ドアを開けてしまいたい気持ちです。

    又、注文に自殺とは違う死のカクテルもあるのかもと、
    想像を巡らしてしまいます。それは自死のVRではなく、
    他殺による受身の味わい、甘口であると同時に「痛み」のある
    そんなカクテル、他殺の甘美を想像してしまいます。

    本来なら依頼できないようなカクテル・・・
    「刺殺」「処刑」「詐欺で自殺を強要される自殺」等の
    メニュー、それらが自殺か他殺かを悩ませるような、
    複雑なレシピも、寡黙なマスターは持っていそうで、

    極めて奥の深い作品だと思いました。「生死」だけでなく
    「苦痛」や「甘美」な雰囲気を匂わせながらも、
    あくまで一人称の掌編にして、読みやすくして頂けるのは、
    一読者として有難い気持ちです。

    素晴らしい作品をありがとうございます!
    私も可能であれば続編を期待させてください。
    次回更新は、違う形、違う視点かもしれませんが、
    どうぞご自愛を持って頂き、楽しみにしております。

    • はじめ より:

      コンラッドさん

      まず、画像をご提供いただきまして感謝致しますm(_ _)m
      先に文章を書いて、後から写真を選んでいたのですが、コンラッドさんの写真は雰囲気がピッタリで想像が膨らみ、文章を加筆修正しました。
      素敵な写真のおかげでイメージが広がったことにお礼をお伝えしようと思っていたんですが、
      頂いたコメントでさらにさらにイメージが広がりました!

      鋭いご指摘に驚嘆しましたが、もはや僕が書くよりコンラッドさんが書いた方がいいんじゃないかと思いました(笑)
      どうして僕の文章を褒めて下さる方はみんな僕より良い文章を書くんだろう・・・。
      『「詐欺で自殺を強要される自殺」のカクテル』なんて僕には到底考えつきません。
      せっかく貴重なアイデアを沢山頂いたので、残さず飲みほします。

      気まぐれで続きを書くか分かりませんが、その際にはきっと反映致します。
      雰囲気やイメージを深く共有して下さったことがなにより嬉しかったです。
      本当にありがとうございました。